書籍情報

書籍詳細

夜を歩けば3

C★NOVELS

CN-Fantasia

夜を歩けば3
ミルキーウェイ

あやめゆう 著

大学生になり、新生活が忙しそうな花梨。いっぽう、東京の事務所と合同で連続殺人の捜査に当たる一野だが、彼の異能でも視えない刺殺事件が発生して......異能ファンタジー堂々完結!

カバー:白味噌
刊行日:2014/8/25
新書判/256ページ/定価:本体900円(税別)
ISBN978-4-12-501311-4 C0293


よるをあるけば3



立ち読みしてみる
この作品の冒頭20ページを無料でご覧いただけます。
オンライン立ち読みシステム!


コメント

シリーズ最終巻です。
シリーズ最終巻なのですけど、ちょっとそれは置いておいて。

先日、当シリーズに関して「どんな話なの?」と友人に聞かれました。
現代異能ファンタジーだよ、と私は自信満々に答えました。
しかし友人は軽く首をかしげて「もうちょっと詳しく」と。
オチまで詳しく言ってやろうかなと思いましたが、さすがにやめました。
そして私はこう答えたのです。

主人公がだらだらぐだぐだ愚痴りまくる間にやたら人が死ぬ話。

友人は言いました。
「よくそんなもんOK出たね」
私は頷きました。実に同感だったからです。
友人は続けて言いました。
「その主人公はだらだら愚痴らないとダメなの?」
私は頷きました。実にその通りだったからです。

というわけで、置いたモノを元に戻しまして、
シリーズ最終巻となります今回は「連続刺殺事件」。
相変わらず主人公がぐだぐだ愚痴っている間にやたら人が死にます。
今回は舞台となる七枷市の「外」からエージェントがやって来たり、
主人公ら《異能者》を研究している白衣の巨乳さんがやって来たり、
事務所の所長がはっちゃけたりはっちゃけなかったり。
あとは、人が死んだり、人が死んだり、ですかね。
オチまで詳しく語ろうかと思ったけどさすがにやめておきます。

ともあれ、そんな感じで「夜を歩けば3 ミルキーウェイ」になります。
よかったらどうぞ、最後までお付き合いください。

〔あやめゆう/2014年8月〕

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター