書籍情報

書籍詳細

彷徨う勇者 魔王に花

CN-Fantasia

彷徨う勇者 魔王に花

沙藤菫 著

魔帝と人間の間に生まれた七人兄弟の末っ子アランは、人の世で助けた娘に恋をした。人間に変化する薬を呑み、願いを叶えようと奮闘するが......。第9回C★NOVELS大賞特別賞受賞

カバー:ひだかなみ
刊行日:2013/7/25
新書判/256ページ/定価:本体900円(税別)
ISBN978-4-12-501257-5 C0293


さまようゆうしゃ まおうにはな



立ち読みしてみる
この作品の冒頭20ページを無料でご覧いただけます。
オンライン立ち読みシステム!


コメント

このお話は、多分間違いなく「剣と魔法のファンタジー」に分類されると思います。
勇者は出てきて流麗に剣を振るいますし、王子は馬に乗り大通りを行進しますし、魔王は堀に落下してびしょ濡れになったりします。
最後がおかしかったかも知れませんが、残念ながら堀ぽちゃする魔王が主人公なので致し方ありません。

さて、では例えば、この話を「現代学園物」にパロディしたら、どんな風にキャラクター達は表現されるでしょう。
先日、ふと気になったので考えてみました。

即座に浮かんだ、主人公の二つ名が「キャッチセールスホイホイ」
彼は、都会の大通りを歩いていたら、色んな勧誘を真面目に聞いたり、ポケットティッシュまみれになってるだろう、と。

次に浮かんだヒロインの二つ名が「キャッチセールスジェノサイダー」
彼女は、都会で声をかけられまくるであろう華やかな方ですが、きっとしつこい相手には、二度と手出し出来ぬよう、きちんとトラウマを刻んでおくだろうな、と。

これはいけません。
二人一緒に並んで歩くだけで、被害者を量産してしまいます。
彼らだって仕事なのです。日々の糧を得る為に声かけをしているんです。
彼らが、キャッチセールの無い世界の住人でよかった、とひそかに胸をなで下ろしました。

この物語は、こんな主人公とヒロインが、悩んだり笑ったり泣いたりする「剣と魔法のファンタジー」です。
お手に取って下さりました貴方に気に入っていただければ、これ以上の幸いはございません。

〔沙藤菫/2013年7月〕

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター