ホーム > 文庫 > 象が踏んでも

中公文庫

象が踏んでも

象が踏んでも

回送電車Ⅳ

堀江敏幸 著

一日一日を「緊張感のあるぼんやり」のなかで過ごしたい――異質な他者や、曖昧な時間が行きかう時空を泳ぐ、初の長篇詩と散文集。シリーズ第四弾。

書誌データ

  • 初版刊行日2014/10/25
  • 判型文庫判
  • ページ数256ページ
  • 定価本体700円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-206025-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   

中公文庫

2019/05/23
映画『任侠学園』 9/27(金)全国公開!

中公文庫ランキングベスト5

総合ランキングベスト5