ホーム > 文庫 > 女帝の手記④

中公文庫

女帝の手記④

女帝の手記④

孝謙・称徳天皇物語

里中満智子 著

上皇阿倍は実権を再び自分に戻す。そこには仲麻呂との別離と道鏡への想いがあった。仲麻呂は反乱に失敗、死去。阿倍は再び皇位につき称徳天皇となる。

書誌データ

  • 初版刊行日1998/2/18
  • 判型文庫判
  • ページ数276ページ
  • 定価本体640円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-203080-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   

中公文庫ランキングベスト5

総合ランキングベスト5