画・伊神裕貴

Newest issue最新話

Backnumberバックナンバー

Synopsisあらすじ

妊娠中の妻と2歳の娘を少年たちに陵辱の末惨殺された恭介は、犯人の少年たちを切り刻み死体を家に送りつけた。それは復讐ではなかった。妻子の殺され方が美(・)し(・)く(・)な(・)い(・)ことへの憤りだった。恭介にとって死体は「芸術品」であるべきなのだ。23年前、キスした姿の少年と少女の生首がで被害者宅に届けられる事件があった。事件は迷宮入りし、警視庁の名倉警部は今でもその屈辱を胸に抱いているが、その犯人こそ当時中学生の恭介であった。

Profile著者紹介

しんどう・ふゆき

大阪生まれ。金融会社勤務、コンサルタント業を経て、1998年「血塗られた神話」で第7回メフィスト賞を受賞し作家デビュー。以後エンターテインメント小説を縦横に執筆する。著書に小社から『血』(単行本)『ミッション』『たったひとつの花だから』(いずれも中公文庫)がある。他に『カリスマ』『無間地獄』『忘れ雪』『私立歌舞伎町学園』『制裁女』『紙のピアノ』など多数。

芸能プロダクション「新堂プロ」の社長も務める。